2020年10月20日火曜日

『キッチンを快適にする収納の工夫 ~その4』

 

エクレアショールームの中央に展示されているキッチンは独立型キッチンです。

シンクの前に壁があり、吊り戸やツールバーがついております。





最近はオープンキッチンが人気ですが、厨房のようなこのタイプのキッチン、機能的で作業し易いと感じる事も多いです。

何よりこのシンク上の吊り戸がご好評いただいております。

二つに折れて扉が上に上がります。開けっ放しでも邪魔になりません。

向かって左の吊り戸内は水切り棚になっているので一番下にはまだ水気があるものを入れたり、上の方には湿気を嫌うおひつやザル等を収納に最適です。




右側の吊り戸には日常使いの食器をいれておき、開けっ放しで調理し、食器を取り、盛り付けていくという無駄のない動線が確保されます。

 このような吊り戸、対面キッチンの場合は不可能ですが、背面に作る事は出来ます。

対面型オープンキッチンの場合、背面収納のご依頼も一緒に承る事が多いのですが、その場合は一番使用し易い位置にスィングアップ扉を設置します。

コーヒーメーカーやレンジ等を収納し開けっ放しで使用しても邪魔になりません。よく使用する食器やラップ、テッシュ等もすぐに取り出せます。


 





キッチンと同一素材なので扉を閉めてしまえばすっきりとした一体感があります。




扉や引き出しを開けて出して、使用したらまた閉めるというのは忙しい朝や夕方には一手間です。(出しっぱなしになってしまいがちですよね)

扉を開けておいても作業動線の邪魔にならないというのはキッチンを快適にするとても大事な要素です。(上田)

 

2020年10月15日木曜日

『キッチンを快適にする収納の工夫 ~その3』

今回ご紹介するのは、「コーナー収納」についてです。

L字型キッチンやコの字型キッチン・変形キッチンなどでは、コーナーの角の部分がどうしてもデッドスペースになりがちです。

 デッドスペースにせず、収納として活用できる方法はないか?とご来店されるお客様は多いように感じます。

そういった悩みを解決するためには以下のような方法が考えられます。

 

     回転トレーを使用する


1/2回転コーナー

一般的なコーナー活用方法です。

お鍋等の調理器具をいれるのに便利です。

  

     コーナー収納用の金具を使用する


回転コーナーユニット

引出し式なので、奥にあるものが取りやすいです。

収納量も先ほどの回転トレーに比べて、やや多めに入ります。

  

     可動棚をつける


奥が深い可動棚を設置


 

一番シンプルな収納方法です。



手前にキャスター付きのものやボックスを入れることで奥のものの出し入れが容易になります。

引出し式ではなく、手を奥に伸ばして使用する必要があるため、ストック類や普段使用頻度が低いものを収納するのにオススメです。

 

      オープンにする

 

 

 

あえて作り込まずに、オープンにする方法もあります。

手前にゴミ箱など可動式のものを収納し、コーナー部はスライドバケットを設置することで中に何が入っているか一目でわかる所が特徴です。



 

このようにコーナー収納の方法はたくさんあります。

せっかく作るキッチンなので、スペースを有効に使えると嬉しいですね。

是非、プランナーにご相談ください。(山本)


2020年10月10日土曜日

『キッチンを快適にする収納の工夫 ~その2』

 

私どもにご依頼いただくキッチンプランで多いのがⅡ列型です。

アイランドと背面収納、ペニンシュラと背面収納、Ⅰ型壁付と背面収納といった機能をはっきりと分けたプランのご依頼が多いように思います。

片側にシンクスペースと調理スペース、もう片側に収納と冷蔵庫スペース、時にはアイレベルのオーブンとの組み合わせ等、Ⅱ列どちらも役割スペースもしっかりと確保するプランが増えています。

特に背面収納については収納計画が非常に重要となりご要望も多岐にわたります。





こちらはオープンキッチンに対する背面収納のプラン例です。背面の間口は約3900㎜あります。そこに大型冷蔵庫スペースとアイレベルオーブンを設置。収納については間口の半分近く約1800㎜近くあるフラット引戸収納庫となっています。フラット引戸とは通常の引違い仕様と違い、扉を閉めたときに左右の扉がフラットとなり、凹凸のないすっきりとしたデザインを演出することができます。




金物の許容範囲によってはさらに大きなフラット引戸収納をお作りすることも可能です。

開閉に伴い内部の照明が自動でオンオフ機能もプラス致しました。今回内部は引出とオープン棚とで構成されています。



フラット扉を開けた状態です。


オープンキッチンの背面はともすると生活感が露出する(これは決して悪いことではありませんが・・)スペースでもあり、来客などの際は隠しておきたいご要望もよくお聞きします。

この収納方法ならば扉を閉めれば瞬時にフラットな化粧面となり来客のたびに片づける必要もありませんね。扉が大型化するするため金物の選定には十分な配慮が必要なのは言うまでもありません。ぜひご相談ください!(近藤)

2020年10月5日月曜日

『キッチンを快適にする収納の工夫 ~その1』

 

10月のテーマは「キッチンを快適にする収納の工夫」です。

 我が家では、キッチン内で納まりきらない食器類を、一部オープンの棚にしまっております。

 このオープンの棚、一目で物の場所がわかり、置きやすく出しやすく、多少の水気も気にならず、使い勝手が良いです。

ただ、あまり使わないものを置いてしまうと、ほこりが気になるという難点があります。

オープン棚をご検討の際は、「使用頻度の高いもの」の置き場所としてボリュームを計画すると、快適に使えると思います。

 もしくは、以下のような開閉方法の扉付きの収納もお勧めです。


 広角丁番を使用した開き扉




170°で大きく開きます。

+インナー引き出しにすれば、奥行の深い収納にしても快適に使えます。

 

②折れ戸フラップ扉









吊戸棚の扉を折り曲げながら上に開けます。

+水切り棚で、水気のあるもの(ざる、ボウル等)の収納場所としても良いです。

 

③引き違い戸



 



いずれも、扉を一時的に開け放しておいても通行や作業の邪魔にならないため、

オープン棚のように一目で中を見渡せて便利ですし、出し入れの作業もスムーズです。

扉付きでほこりも気にならないため、多くの物を収納したい場合にも適していると思います。(宇多)

 

2020年9月30日水曜日

『キッチンプランナーが注目するキッチン設備機器 ~その6(大型冷凍冷蔵庫)』

 

ここ数年キッチンに組み込むことが多くなった設備機器のひとつに大型冷凍冷蔵庫があります。


冷凍冷蔵庫はほとんどのお客様が国産の置き型タイプを設置されますが、最近は大型で、今までにないバリエーションの商品をご検討されるお客様も増えてきました。

先日ご納品した冷凍冷蔵庫はワインキャビネット付きです。


リープヘル社製 SBSes8486  容量は740L。


この機種、何と横幅が約120cmあるため、搬入は左右分割して現場で組み立てます。


搬入の様子。


右半分は冷蔵室。

冷蔵室。

左半分の下段は冷凍室です。


冷凍室

こちらの機種は冷凍庫に自動製氷機能がついているので、給水管とつなげば水を補充する手間もなく常に氷が作れます。


隣接するキャビネットに敷設した給水管とつなぎます。(工事写真)


そしてこの機種最大の特徴であるワインキャビネット。

ここには48本のワインが収納でき、かつキャビネット内の上下半分ずつ温度設定ができるのでまさにワインセラーがビルトインされた冷蔵庫です。




食生活の多様化により、他の設備機器同様、冷凍冷蔵庫も進化しています。

特に海外の機種は大型で、キャビネットにビルトインできるものも多いので今後ご検討される方が増えるのではないでしょうか。(塩田)



2020年9月25日金曜日

『キッチンプランナーが注目するキッチン設備機器 ~その5(アスコ&ベルタゾーニのガス調理機器)』

今回紹介するのは、『ASKO 4口ガスコンロ』と『ベルタゾーニ ガスオーブン』です。

ここ数年この機器を入れたいというお客様が増えてきました。


ASKO HG1825AB。ASKO(アスコ)はスウェーデンのメーカー。

まず最初に 『ASKO 4口ガスコンロ』からご紹介します。

この機器は一般の家庭用ガス機器と違い、日本では業務用扱いとなっていて火力が強いのが最大の特徴です。超火力バーナーを含めた4口の合計は12.0kWにもなります。

野菜等をさっと炒めるのも手早く美味しく、お肉にこんがり焼き目をつけるのも得意です。

また、ゴトクが大きいので中華鍋などの底が丸く、深い鍋を使用する際も安定感があります。そのため、近年本格的なお料理を楽しみたい方にとても人気があります。

 

バーナーの炎は2種類あり

バーナーの炎は2種類に切り替えられ、通常は内炎式で加熱します。

直径の大きい鍋を使う時は、炎が外に広がるよう外炎式で加熱します。

調理の内容や鍋の大きさによって、熱を効率的に使うことが可能です。

黒色のガラストップは汚れも目立ちにくく、掃除も簡単です。

魚グリルがなく、ガストップのみのため、下部の収納スペースも十分に確保可能です。

ASKO 4口ガスコンロは業務用扱いの機器のため、設置する際はレンジフードとの離隔距離など注意が必要ですので詳細はエクレアキッチンプランナーにご相談ください。


次にベルタゾーニのガスオーブンをご紹介します。


ベルタゾーニ ガスオーブン F680D9 イタリアのメーカーです。

ビルトインのガスオーブンは現在ガスコンロ下に設置するものほとんどですが、この商品はウォールオーブンとしての設置も可能なため、特にアイレベルでガスオーブンを使いたいというお客様が設置を検討されることの多い機器です。

そしてこの商品はコストパフォーマンスが良く、使い方もとてもシンプルで簡単です。但し、一般的なオーブンのように自動で消火することができません。

そのため、タイマーを設定後、調理が終了時間に達し、ブザーが鳴ったら、必ずダイヤルを回して消火する必要があるので、注意してください。 

このように、ガス調理機器と言ってもどんな機種を入れるか、、迷ってしまうほど魅力的な機種がたくさんあります。それぞれに特徴があるので、普段よく食べている料理や今まで挑戦したかったけれどできなかった料理、今後あったら便利な機能等、想像すると機器の選択肢が絞られてきそうですね。(山本)

  

2020年9月20日日曜日

『キッチンプランナーが注目するキッチン設備機器 ~その4(スチームオーブン)』

 今回ご紹介するのはガゲナウのビルトインスチームオーブンです。ここ数年お客様のご希望により設置することが増えた機器の一つです。

このスチームオーブンはスチームクッカーとオーブンの長所を一つにしてプロの調理技術を家庭で再現出来る優れものです。つまりプロの調理技術のように温度や湿度の管理がしっかりと出来るという事です。

メーカーのお話しでは「肉や魚はその風味豊かな肉汁はそのままに、鶏肉の皮はカリッときつね色に、野菜は色や貴重なビタミン類を損なう事なく、柔らかで歯ごたえ良くしあがる」との事です。

 以前ガゲナウのショールームで講習会に参加させていただき、持ち込んだ食材を実際にオーブンで調理し、出来上がったものを試食するという機会をいただきました。

その時の様子をレポートします。

まずはその見た目がなんとも格好イイです。華奢ではない作りがプロっぽい本格的な感じを漂わせております。


GAGGENAU スチームオーブン



ショールームにはスチームオーブンの2台が上下に展示されております。



上がスチームオーブン、下がオーブン


オーブンで出来る料理は大体、スチームオーブンでも可能ですが大きな違いは最大温度です。

スチームオーブンは230度。オーブンは300度。


本格的なピザを焼くときにはスチームオーブンでは難しいという事ですね。

因みにスチームオーブン内部にはタンクがあり、水を入れてセットします。







スチームオーブン、オーブンそれぞれにお肉、西京漬けの魚、野菜を入れてスタートです。


スチームオーブン



オーブン


20分位で焼き上がりです。


スチームオーブンの焼き上がり



オーブンの焼き上がり



写真ではわかりにくのですがスチームオーブンの方は食材に艶があり、素材そのものが小さくなっておりません。

どちらも美味しかったのですが、やはりスチームオーブンの方が西京漬けのお魚はふっくら、野菜は蒸し野菜のようにジューシーでした。


お肉は種類や料理によって違うかと思いますが素材を生かしヘルシーに仕上げるにはスチームオーブンが良いですね。
2
台ご購入になる方が多いとの事納得です。

 

後日、実際に納めさせていただいたお客様宅にてスコーンを焼いていただいたのですが、正に中はしっとり、外はカリッとし、とてもとても美味しかったです。


スチームオーブンでしっかり焼き目がつきます


他にも納品させていただいたお客様のお声をご紹介します。

「スチームオーブンは思い切って入れて良かったです。毎日のように使用しています。朝は、厚切りのトーストを焼きます。シュウマイや肉まん等の他プリンや茶碗蒸し等火加減が難しい蒸し料理も上手に出来ます!またローストビーフ等も良いですがハンバークも少しスチームかけて焼くとふっくら仕上がるんです」との事。

 特別なお料理に使用するのがオーブンだとしたら、スチームオーブンは日々の食事作りに役立つものではないでしょうか。

 

今回ご紹介したガゲナウのスチームオーブン、
庫内温度は30度~230度

湿度は100%、80%、60%、30%、0%の5段階で設定可能です。

熱風+湿度のほか、下記のような調理モードがあります。
温め直しモード、解凍モード、パン生地発酵モードの他、最近流行りの低温調理モードもあります。

コロナウィルスの影響でお家ご飯が増え、ヘルシー傾向の今だからこそ、注目される設備機器ではないでしょうか。(上田)